TOP > シャンデリアのお得情報 > 家庭内でシャンデリアを設置する場所に合わせた選び方を考える

家庭内でシャンデリアを設置する場所に合わせた選び方を考える

天井が低い部屋にシャンデリアを設置する事にした際には、勢品ごとの全長の違いを比べてから購入すれば、買い物に失敗せずに済みます。
気を付けたいのがチェーンとカバーの長さで、想像以上にチェーンが長すぎたせいで、部屋の広さに合わずにシャンデリアの位置が低くなってしまう場合もあるので気を付けましょう。
チェーンの長さが調整できる製品も多いですから、チェーンの長さを調べるだけでなく、機能性の違いをよく調べておく事をおすすめします。
カバー自体が大きすぎるせいで、チェーンを短くしてもシャンデリアの位置が低すぎると感じないように、カバーの高さを調べておく事も重要です。
シャンデリアを購入する前に天井から床の高さを調べるために、測定作業を家族に協力してもらってからシャンデリアを選んでください。


家族全員が集まるリビングなどにシャンデリアを取り付けるのなら、家族が椅子から立ち上がった際にシャンデリアに頭をぶつけないように、購入する製品の大きさをよく調べてください。
大きなシャンデリアを取り付けたとしても、センターテーブルを照明の下に置かなければ、誰もシャンデリアに頭をぶつけずに済みます。
リビングを清潔な状態に保つためにも、掃除のしやすい高さにシャンデリアを設置するのもおすすめで、モップなどを届きやすい高さに設置しておきましょう。
家族が食事をしている最中に、シャンデリアの明かりを眩しく感じる事がないように、明るさを調整できる製品をリビングに設置する家庭も珍しくありません。
数段階に分けて明るさを調整できる製品もありますから、機器ごとの機能性の違いを調べておく事を推奨します。


解放感に満足できる住宅で生活したくて、吹き抜けのある住宅を建築したけれど、吹き抜け部分が暗く感じてしまう時には、シャンデリアを設置する事で吹き抜けを明るくしてみましょう。
1メートルや2メートルほどの長さチェーンが付いているシャンデリアを、天井から吊り下げれば吹き抜け全体を明るくする事ができて、小型のシャンデリアを設置するだけでも雰囲気が変わります。
吹き抜けを明るくする事によって、廊下を歩いている時や階段を上り下りしている時にも、足元が暗くて転倒してしまう心配をせずに住宅内を移動できると好評です。
階層ごとに吹き抜けのシャンデリアの色合いを変える事で、家族の好みに合わせた雰囲気を作り出せます。
解放感だけでなく温かみを感じられる住宅になるのも、吹き抜けにシャンデリアを設置する利点です。